少ない油でカリッと出来る シューストリング(細切りフライドポテト)のつくりかた

用意するもの
■シューストリング : 300g(1袋)
■油 : 1カップ(200cc)
■塩 : 少々
  1. 1

    直径25cmぐらいのフライパンに1カップ(200cc)の油を入れ、にかけます。

  2. 2

    180℃になったらポテト300gを入れます。

    POINT

    多めにつかんでかたまりで入れると、
    油ハネが比較的少なくなります。
    やけどにご注意ください。

    POINT 180℃の目安は、ポテトを1本入れ、すぐに全体に泡が出るくらいです。

  1. 3

    強火約1〜2分待ち、菜箸でつついてポテトの表面が固まってきたら、かきまぜます。

    POINT

    フライパンの端にあるポテトが焦げやすいので、内側に入れるようにします。また、揚げムラがでないよう、色を見ながらかえします。

  2. 4

    全体がこんがりと色づいたら、火を止めてバットに上げ油を切ります。(揚げ時間の目安 ポテトを入れてから約5分

    POINT

    余熱で焦げる前に、素早く油からすくいましょう。

  3. 5

    熱いうちに塩をふり、全体をかきまぜます。

  1. おいしいポテトの出来上がり♪

  2. 出来上がりの色の目安

    揚げ色はお好みでご調整ください。

    注 意 揚げ時間は目安です。ご家庭の設備によって火力に差がありますので、ご調整ください。

野口真紀先生からのアドバイス

  • 強火でもフライパンから火がはみ出るのはNG。油に火がまわりやすく危険です。

  • 少ない油で揚げるときはムラができやすいので、かきまぜてまんべんなく火が通るようにしましょう。

  • バットの上にとったら、熱いうちに塩をふりましょう。

油ハネがどうしてもイヤ!な方は... 油ハネしにくい揚げ方
更にカリカリの揚げ上りを追求したい方は… シェフ直伝!揚げ方講座

分量による調理の違い

フライパン・油の量・火の強さ・揚げ時間目安

300g(1袋)・直径約25cm・1カップ(200cc)・強火・約5分

150g(1/2袋)・直径約20cm・3/4カップ(150cc)・中火・約5分

シューストリングを使ったレシピはこちら

料理研究家 野口 真紀先生 (のぐち まき)料理雑誌の編集者を経て、料理研究家として本、雑誌、広告などで活躍。2児のママでもあり、食育にも精通している。主婦の目線から生み出す、手軽でリーズナブルでありながら、おいしくセンスのあるレシピが人気。